重ね発酵ハーブ茶のカフェイン量が気になる!ので直接聞いてみたヽ(´∀`)ノ

ダイエットティー成分

重ね発酵ハーブ茶は、これまでのダイエットティーのイメージを覆す、とても美味しいダイエット茶として今、大変人気です。

公式サイトでは子供でも飲める安心の天然原料とありますがノンカフェインの記載がありません。

重ね発酵ハーブ茶は、カフェインを含んでいるの?含有量は何g?

そんな疑問をお持ちのあなたの代わりに、調査しました!

美味しくて身体に良いものは家族でも楽しみたいですね。

購入の際には、ぜひ参考にしてみてください。

善は急げ!重ね発酵ハーブ茶に直接電話調査してみました

こういう問い合わせの電話って、なんか緊張しませんか?

私だけですか?

いいおばさんになったのに、こんな時はうぶになる私。

優しい人が出てくれるといいな~、と思いながらドキドキして電話してみました。

はい!優しくて丁寧な方が対応してくださいましたよ。

ちなみに、勝手に ↓ こういう人が、オペレーターのお姉さんで電話に出ると思っていました。

が、実際は、こういう ↓ まじめで紳士な感じのお兄さんでした。(あくまでも電話の声のイメージです(笑))

で、電話に出てくださった優しい真摯なお兄さんに単刀直入にお伺いしました。

重ね発酵ハーブ茶のカフェイン量は何g?

現在、授乳中で、重ね発酵ハーブ茶に含まれているカフェイン量が知りたくてお電話したんですが

 

はい、カフェイン量ですね。

こちら、150mlあたり0.01gとかなり少なめとなっています。

ただ、授乳中ということでご心配でしたら、かかりつけのお医者様にご相談されるのが一番良いと思います。

 

150mlあたり0.01gなんですね。分かりました。ありがとうございます。

いえいえ、また何かご質問がございましたら、ご連絡ください。よろしくお願い致します。

ということで、ドキドキの電話調査はあっという間に終わりました。

調査の結果、重ねハーブ茶は150mlあたり0.01gのカフェインを含むことが分かりました。

重ね発酵ハーブ茶とその他のカフェイン飲料との比較

以下の表は、普段私たちが良く口にするカフェインを含む飲料のカフェイン含有量です。

(※)農林水産省「カフェインの過剰摂取について」より引用http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/hazard_chem/caffeine.html

これを見ると重ね発酵ハーブ茶に含まれるカフェインの量が大変少なめなことがよく分かりますね。

150mlあたり0.01gということなので100mlで換算してみるとその含有量は0.006g。

コーヒーの約10分の1です。

カフェインが苦手という方も、お子さまにも一緒に飲ませたいと思っていた方も、妊娠中や授乳中の方もカフェインを気にせず飲むことができる量ではないでしょうか?

お腹も痛くなりにくく、カフェインも気にせずにダイエットするならダイエットティーとは思えないほどの優雅な香りと美味しさで今大変話題の重ね発酵ハーブ茶最適ですね。

重ね発酵ハーブ茶はカフェイン少なめ、お腹も痛くなりにくい

重ね発酵ハーブ茶の口コミには、「飲み始めてすぐにお通じが良くなった」と感じる方が多くいらっしゃいますが、実は重ね発酵ハーブ茶には、ダイエットティーにありがちなキャンドルブッシュ、キダチアロエ、ハネセンナなどのデトックス系の植物は使用されていません。

そのため、便意を感じたときに強い腹痛を感じることがありません。

原材料には、紅茶、みかん果皮、後発酵茶、杜仲茶、ビーツ、ステビア、ユーカリエキス、デキストリン、アカメガシワエキス、黒コショウ抽出物、ギムネマエキス、石蓮花エキス、
白桃花エキスのほか、植物性ナノ型乳酸菌SNKを配合。

この乳酸菌の働きで腸内環境を健康に導くことでお通じの改善がみられるのです。

無理矢理出しているのではなく、身体に優しく健康にお通じに働きかけているのですね。

その上、カフェインも150mlあたり0.01gととても少なめ。

ダイエットティーとして味も美味しく、健康をとことん考えて作られた商品です。

重ね発酵ハーブ茶についてさらに詳しく知りたい方はコチラも!
↓   ↓    ↓
重ね発酵ハーブ茶のダイエット効果を徹底調査!気になる副作用は?