重ね発酵ハーブ茶は授乳中に飲んでも大丈夫?母体と赤ちゃんへの影響を調査!

ダイエットティー成分

ダイエットティーなのに美味しいとSNSでも話題沸騰中の重ね発酵ハーブ茶。

お茶でのダイエットなら、産後、赤ちゃんのお世話に忙しい女性も手軽に始められていいですよね。

でも気になるのが授乳中でも飲んでも大丈夫なのか?という点。

母体や赤ちゃんへの影響がないのであれば、積極的に利用して産後のダイエットに活用したいですよね!

ということで、今回は重ね発酵ハーブ茶は授乳中でも飲んで大丈夫か?という点について、メーカーに直接問い合わせをして徹底調査しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

授乳中にとる食品で気を付けるべき点

授乳中に母親が飲み物から摂った成分は、母乳に移行して赤ちゃんも摂取します。

そのため、授乳中はアルコールはもちろん、刺激物など母乳に移行して赤ちゃんに影響を与えるものは控えなくてはいけない時期。

なかでも身近なものでカフェインがあります。

普段飲む緑茶、コーヒー、紅茶、チョコレートなどにも含まれています。

カフェインには、摂取するとスッキリとした感覚になる覚醒作用、おしっこが出やすくなる利尿作用などがあります。

母親が飲み物から摂ったカフェインが母乳に移行するのは摂取量の0.5~1%といわれています。

その量は実はとても微量。

なので、授乳中にはカフェインを含む食品を多量に摂取しない限り、あまり問題がないとも考えられます。

けれども、やはり摂り過ぎた場合、まだまだ身体の小さな赤ちゃんにとっては負担となり、身体への影響も出やすくなることも確かです。

授乳中のカフェインの摂り過ぎによる影響は?

カフェインによってもたらされる赤ちゃんへの影響は、興奮しやすい、泣き止まない、落ち着かないなどの症状が現れやすくなるようです。

また、母体にとってもカフェインを取り過ぎることは、利尿作用が働くことで、体内に取り入れたカルシウムや鉄分といった栄養素を体外に出しやすくしてしまいます。

授乳中という栄養を多く必要とする時期に、せっかく摂った栄養が排出されてしまうのは避けたいですね。

そういった意味でも、常に飲むものはカフェインが含まれていないものか、ごく微量のものが好ましいといえますね。

授乳中のカフェインの適正量とは?

授乳中はカフェインを多量に摂取しない限り、リラックスのためにコーヒーや紅茶を飲むことはあまり神経質にならなくてもよさそうです。

WHO(世界保健機関)が推奨している1日のカフェイン摂取量は、妊婦や授乳中の場合、コーヒーならカップ3~4杯となっています。

あれ、結構多い気がするのは私だけ?

案外、飲んでもいいのですね。

私は大のコーヒー好きですが、妊娠すると決まってコーヒーを受け付けない身体になりました( ´∀` )

なので、妊娠中のカフェイン量は心配なかったのですが、出産して赤ちゃんが体外に出ると(笑)コーヒーがうまいっ。

それでも、ゆっくり飲んでいる暇がまずないので、授乳中も1日1杯、多くて2杯です。

授乳中は水分補給がとても大切!

授乳中、便秘になりませんか?

水分を摂っても摂っても、母乳として、赤ちゃんに吸われてしまうこの時期、ママの身体は常に水分を欲しています。

授乳期の水分補給、本当に大切です。

私はどんなに意識的に水分補給をしても、便秘がつらかったです。

出るには出ても硬くて硬くて……。

ですから、積極的に水分補給をすることができて、それによって便秘も解消できれば、最高ですね。

重ね発酵ハーブ茶は、お通じを大変良くしてくれますので、授乳中の水分補給のお茶としても最適。

必要な水分補給と便秘解消が同時に出来る、しかも美味しい。

授乳中に安心して飲めて、便秘を解消してくれる、さらに産後のダイエットにも効果期待大で、私にとってはもはや手放せない存在です。

重ね発酵ハーブ茶の気になる成分は?

重ね発酵ハーブ茶の原材料は、天然原料にこだわり、紅茶、みかん果皮、後発酵茶、杜仲茶、ビーツ、ステビア、ユーカリエキス、デキストリン、アカメガシワエキス、黒コショウ抽出物、ギムネマエキス、石蓮花エキス、白桃花エキスのほか、植物性ナノ型乳酸菌SNKです。

キャンドルブッシュ、キダチアロエ、ハネセンナなどのお腹が痛くなり、便意を催すデトックス系植物は含まれていません。

ですので、母乳に移行して赤ちゃんが摂取しても問題ありませんが、気になるのが「紅茶」

あれ、重ね発酵ハーブ茶ってノンカフェインじゃないの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうなんです。

重ね発酵ハーブ茶はノンカフェインの表記はなく、原料にも「紅茶」の明記。

カフェインが微量ですが含まれています。

重ね発酵ハーブ茶の気になるカフェイン量は?授乳中でも大丈夫?

重ね発酵ハーブ茶は、「子どもでも安心して飲めるお茶」と公式サイトでも紹介されていますが、

ノンカフェインの表記がありません。

カフェインはどのくらい含まれているのでしょうか?

安心といわれても、どのくらいの数値なのか、明確にわかるともっと安心できますよね。

これは、私が直接メーカーに問い合わせてみました!

そして判明した重ね発酵ハーブ茶の含有カフェイン量はなんと!150mlあたり0.01g。

 

かなり少なめです。

 

けれど、0.01gでも含まれている限り、ノンカフェインとは表記できないとのこと。

真面目なメーカーの姿勢が感じられますね。

ちなみに、私たちが良く飲むカフェインを含んだ飲み物の、カフェイン含有量は以下の通りです。

(※)農林水産省「カフェインの過剰摂取について」http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/hazard_chem/caffeine.html

重ね発酵ハーブ茶は授乳中の水分補給にも最適!

重ね発酵ハーブ茶は、授乳中であってもその成分、カフェインの影響は母体、赤ちゃんともにまずないといえるでしょう。

授乳中は、お腹も大変空きますし、多くの栄養を必要とするのでややもすると食べ過ぎになることも。

なかなか、体重が出産前にが戻らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

重ね発酵ハーブ茶なら健康にもよく、赤ちゃんへの影響もなく、ダイエット効果もできて一石二鳥。

美味しく水分補給をしながら、まだまだ栄養が必要でしっかりと食べたい授乳期を体重を気にすることなく過ごしませんか?

重ね発酵ハーブ茶はそんなあなたの産後ライフも応援します!

重ね発酵ハーブ茶についてさらに詳しく知りたい方はコチラも!
↓   ↓    ↓
重ね発酵ハーブ茶のダイエット効果を徹底調査!気になる副作用は?